読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷちゅ的解釈

工業高校生ですが何か?

【お出掛け】フリーきっぷで宇治・八幡・伏見へ! ~伏見編~

f:id:ktrw3200:20170514182609j:plain

最後の目的地は「伏見」!

さて、長い日帰り旅行も最後を迎えます。宇治、八幡と来て、最後の目的地は「伏見」です。

 

f:id:ktrw3200:20170514214545p:plain

ということで、八幡市から出町柳方面の電車にのって「伏見稲荷駅」を目指します。

f:id:ktrw3200:20170514214845j:plain

伏見稲荷伏見稲荷です。

人気スポット「伏見」!!

伏見は今回いった「宇治」「八幡」「伏見」の中で、最も観光客が多かったです。京都の中でも、特に人気が高い「伏見」

伏見といえば、あの真っ赤な鳥居が無数に立ち並ぶ『千本鳥居』が有名ですね。僕達が向かったのは、その『千本鳥居』がある伏見稲荷大社です!!

 

f:id:ktrw3200:20170514215904j:plain

伏見稲荷大社に向かうまでの道にも観光客でいっぱいです。お祭りのときのようですね。

 

f:id:ktrw3200:20170514220105j:plain

うひょーーーー!!なんかテンションあがりますね。入り口からもその壮大さがわかりますね。

千本鳥居へ

f:id:ktrw3200:20170514220343j:plain

f:id:ktrw3200:20170514220425j:plain

真っ赤な鳥居が立ち並ぶすがたは、まさに「神秘的」です。この鳥居の中をくぐっていくだけで、その鳥居に魅せられて、つい立ち止まってしまいます。

鳥居の先にある世界

f:id:ktrw3200:20170514220709j:plain

20分ほどかけて、鳥居のなかをくぐりぬけた先には、京都の景色が広がっていました。これは登り甲斐があります。というよりか、鳥居の美しさに見とれていると、いつのまにか、こんなところに到着していました。

最初は、上に登るつもりはなかったのですが、降りてきたおじさんに「登り~や、15分あれば登れるわ、ハッハッハ」と声を掛けられて、登ることにしたんですよ。たしかに、あのおじさんの言ったとおりでした。登ってそんはありません。ぜひ、伏見稲荷大社に来たのなら、上に登ってみてはいかがでしょうか。

 

日帰り旅行、終。

帰りの電車は、赤の特急ダブルデッカーです!!友人がどうしても2階建てに乗りたいというので、1本目に来た特急は見逃して、これにのりました...。

f:id:ktrw3200:20170514223317j:plain

てか、高級感パネェっすわ。車内を見渡すだけで、高級感が伝わってきます。1本見逃して良かったのかもしれません。

 

そして...いつの間にか寝てました。終点の淀屋橋で隣に座っていた友達に叩き起こされました笑。

 

そうして、フリーきっぷの日帰り旅行は幕をとじました。

ゴールデンウィーク最終日、良い思い出となったと思います。

ぜひ皆さんも、この「宇治・伏見1dayチケット」で京都の街を堪能してくださいね。

編集後記

はぁ、GWが終わって1週間経ちましたが、こうしてGWの思い出を書いていると、また休みが欲しくなってきますねぇ。次は夏休みですかね。