ぷちゅ的

工業高校生ですが何か?

【デザイン】「色」ですべてが決まる(色見本紹介)

f:id:ktrw3200:20170315224542j:plain

 今日もデザインについて話そうとおもいます。今回は「色」ですが、そんなに重要視はしませんよね。でも、色が変わるだけで結構他のことも変わったりするんですよねー

※注意 別に僕はなんのプロというわけでもないので、まぁ、適当に見ていただければいいかと思います。

 色の必要性

まず、色がない場合です。

f:id:ktrw3200:20170315201418j:plain

 これは、某私鉄の停車駅案内です。これを見れば、どの駅に何が停まるか分かりますが、その後もし、「萱島」の部分だけを見せられた場合、何が停まるかわかりませんよね。では、色がある場合です。

f:id:ktrw3200:20170315202000j:plain

これだと、「萱島」の部分だけみて停まるのは「黒」「緑」「青」とわかり、その色から「普通」「区間準急」「準急」とわかります。

 このように色が着くだけで、わかりやすくなり、見やすくなります。色もとても重要な要素なのです。

色が伝える『感情』

 色が変わるだけでも印象が変わってきます。例えば、赤なら強さ、青なら信頼性、未来感、黄色なら元気良い感じ、緑なら、自然、落ち着いた雰囲気がありますね。そんなことも、重視しながら色を決めて行くべきでしょう。

原色は避けたほうがいい

 原色は、このような赤このような青このような黄色の色の3原色などのことです。原色を使うと強い強調を表すことができるものの、なにか安っぽさがでてきますね。だから赤に白を少し混ぜたもの水色に近いものオレンジに近い色などを使うと良いでしょう。

f:id:ktrw3200:20170315222401j:plain

これは、僕がよくつかう色です。カラーコードも書いておきましたのでどうぞご参考に。

 最後に

このように色が変わるだけで周りの印象も大きく変わって来ます。また、色の組み合わせで様々なものを表現することができます。このようなページも参考になります。

編集後記

 僕も前までは、色に関しては深く考えたことはありませんでしたが、色の大切さをしったときから、色を慎重に考えるようにしました。やっぱり色は大切だと感じましたね。

 今日内容薄かったかな?