ぷちゅ的

工業高校生ですが何か?

【定期雑談会】「卒業」ってなんだろう...

f:id:ktrw3200:20170307183617j:plain

 もうすぐ卒業

 実は私は学生でして、やっぱり卒業を迎えるときって必ずくるんですよね。今回はそんな「卒業」について話したいとおもいます。

「出会い」

 この3年間でたくさんの出会いがありましたね。そして、いろんな友達ができました。いつも笑ってるヤツや落ち着きが無いヤツ、やることがいつもアホなヤツ、特に面白くもないのにずっと喋ってるヤツ、中二病のヤツ。その人に会える確率は約73億分の1ですからね。こう考えてみるとすごいですよね。ほんとになんか感動ですよ笑。だからこそ忘れたくないし、忘れられたくもない。まぁそんな友達とももう何日かでお別れ...。すっごい早いです。

 あとは、様々な先生とも出会いましたね。いつも輝いている先生とか。いろいろと怒られたりして、迷惑をかけたこともあったけどなんかよく考えるとありがたいことですね。僕が進む「レール」を敷いてくれたのも先生です。ほんとに感謝です!

「時間」

 時間って形はないですよね。なんか怖いですよね。時間っていうのは遅く進んだりもしなければ、はやく進んだりもしません。有意義に過ごしても、無駄に過ごしてもそんな時間は二度とやり直せないんです。そんなこと当たり前なんですけどね。ま、そういうことです。

 本当にあの時間だったんだろうか。そうやって後悔しても次々と時間はすすんでいます。私はいま後悔しています。僕は一日一日、一秒一秒を大事に過ごせているんでしょうか。勉強しにしても遊びにしても...

「思い出」

 いろんな思い出がありましたね。私は卒業式に答辞をすることになって。そうやっていろんなことを振り返る機会があるんですよ。それから、写真のスライドショーとか見るとその時の記憶が思い出されます。なんか言葉で言い表せないんですけどね。たのしかった!!

「別れ」

 卒業式が終われば、いつも当たり前のように学校に来れば会えた友達・先生とも、当たり前は会えません。会うのに理由が必要になるんです。

 これからどんな人に出会うかわかりません。正直とても不安です。こんな不安なことありません。そんなこと考えていると、今まで出会えたのは奇跡だとおもいます。

「最後に」

 いろいろこんなことを書いていると結構涙が出そうになります。なんでなんでしょうね。別にこれが普通だったのに、こんな時期になるとなんかいろんなことを思い出してしまってね。学校には「奇跡」があふれていましたよ、ほんとに。

編集後記

 なんか恥ずかしくなってきましたね笑。ほんとに伝えたかったことが伝わっているんでしょうかね。長ったらしい文章で申し訳ない。